歯科専用ニュースレター制作代行

予防歯科を先生の医院で根付かせていくには、どうしたらいいでしょうか?
先生は、予防歯科医院経営に興味をお持ちですか?

もしそうであれば、
患者さん向けツールを活用して、予防歯科医院経営を成功に導く方法があります。
それは、患者さん向け教育ツールである「ニュースレター」を発行することです!

予防歯科医院経営を成功させる2つのカギ

予防のための来院者を増やして、医院経営の安定化を実現するには・・・。
この答えは二つのカギがあると思います。

それは、
スタッフの意識を変え患者対応スキルを上げるスタッフ対策。
そして、
患者さんに予防の大切さをわかってもらう患者対策。
歯科医院通いは、歯にトラブルを生じたときや、歯に関する悩みが我慢の限界を超えたときに来院されるのがほとんどでしょう。

しかし、ご存知の通り予防歯科はそのサイクルではありません。
これは、院長である先生や歯科衛生士、医院に働くスタッフはわかっていることだと思います。
いくら頭ではわかっていても、改善のための行動に移せる医院は残念ながら少数派!

そうです。
理解していても、実行するにはノウハウやハウトゥが必要になりますし、ツールを作成する必要があるなど、そこには作業という大きなハードルがあるのです。
このハードルこそ、「予防歯科」歯科医院経営を軌道に乗せられない「犯人」だとは思いませんか。

院内のスタッフ意識を変える教育、これは院長や副院長などリーダー自ら率先して取り組む必要があります。

一方の患者対策。
もちろん、スタッフの説明スキルや患者の話を聞くヒアリング能力が必要なことは間違いありません。
これは、粘り強く取り組む必要があるでしょう。
しかし、具体的な患者対策に目を向けると、どんな取り組みがあるでしょうか。

患者さんに予防の意識を持ってもらうには「ニュースレター」が最適

医院から定期的に発行さる「ニュースレター」は、患者さんの予防に対する意識を定着させる強力なツールになります。

患者さんは、歯に関する知識はあまり持っていません。
虫歯治療が終わったら、虫歯は治った!
と認識します。
二次カリエスの危険について、知っている患者さんはどれくらいいると思いますか?
要は、患者さんに説明が必要なのですが、多忙な日常診療の合間に、あまり時間をかけて説明できないのも事実でしょう。

それを補い、患者さんに予防の大切さを知ってもらうには、院内発行の「ニュースレター」を発行することが効果的です。

患者さんは、お家に帰ってから、じっくりと読むことができます。
 なぜ、予防が大事なのか?
 一連の治療が終わってからのケアが重要なわけ?
 歯周病は歯の病気のみならず、全身の病気に関連深いこと。

など、歯の専門家として伝えるべきことを「ニュースレター」として発行できれば、予防意識の浸透に大きな力を発揮するとは思いませんか?

予防歯科医院経営を成功させる条件!それは継続すること

患者さんに、専門家としての情報をお伝えすることの重要性は、先生も認識されていると思います。
しかし、いざ実行となると・・・、

  •  だれが記事を書くのか?
  •  だれが、レイアウトするのか?
  •  毎月のネタ探しは?

これが、実行できない要因になります。
例え、はじめたとしても、3か月もしないうちに発行自体がストップ・・・。
こんな経験をした院長も多いのではないでしょうか?
予防歯科を中心とした歯科医院経営は、地道な取組みが必要です。
もちろん、患者さんの教育ツールである「ニュースレター」も継続することが成功の条件になります。

続ける秘訣!
それは、面倒で時間がかかる作業は、外部の専門家に任せてしまうということ。
唯一の継続する秘訣といえるのではないでしょうか?

仕様・コンテンツ 価格
  • A4サイズ2ページ 毎月1回発行
  • 患者向け予防歯科に特化した内容
  • 歯科医師免許保有者が書くニュースレター
6,800円/月(税別)

お問合せ、申込みは下記フォームに記入してください