BtoB

展示会で行列を作るにはメッセージがポイント

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

展示会やイベントなど、あなたの会社が出展するときに考えるべきこと!
それは、メッセージです。
せっかく出展しても、閑古鳥が鳴いているようなら出展の費用も、時間もすべて無駄になってしまいます。

実際、展示会などへの出展はあまり効果が表れていないのが現状です。

いいお客と巡り合えるかもしれない!

こんな希望のもと、漠然と出展し続ける会社もあります。
あなたの会社はどうですか?

これから、展示会などへ出展を考えている社長ならまず、取り組むべきことがあります。
それは、来場者を引き付けるメッセージを作ることです!

では、行列ができるメッセージの作り方についてお話しします。

あなたの会社の商品・サービスの特徴をピックアップ

あなたの会社が提供している商品・サービスの特徴はなんでしょうか?
まずこれを書きだして下さい。

例えば、

  • 優秀なスタッフによる一流の接遇
  • 他社よりも短い納期が実現可能
  • 夜間も対応
  • 業界最速の○○
  • 無条件で返品可能

あなたの会社は、何らかの特徴を持った商品・サービスを持っているはずですよね。
それを書きだしてください。

でも、それをメッセージにするのはチョット待ってください。
恐らくほとんどの会社は、商品・サービスの特徴を前面に出しています。

だから、行列ができないのです。

特徴をベネフィットに変える

展示会などの来場者の興味をひくためには、商品・サービスの特徴だけではインパクトに欠けます。
来場者がそのメッセージをみて、

「自分の会社のこんな場面で役に立ちそうだ!」という形に変換する必要があるからです。
中には、そんな想像力豊かな見込客がやってくるかもしれません。

しかし、行列を作るには不完全といわざるを得ません。
あなたが考えてベネフィットに変換してください。

来場者が興味を示す表現にする条件

来場者がそのキャッチコピーを見た瞬間、

  • 「うちの会社で困っていることが解決できるの?」
  • 「うちの会社が取り組むべき将来の役に立ちそう」
  • 「まさに今必要としているうちの会社のことだ!」

と思ってもらうことが必要なのです。

ですから、特徴ではなく、ベネフィットに変換する必要があります。
特徴からベネフィットに変換するためには、
相手が特定されている必要があります。

以前の記事でも紹介しましたが、
あなたの会社が取引したい理想の顧客像を明確化しておくことが必要です。

相手が決まらない限り、ベネフィットには変換が出来ません。
事実、多くの会社のメッセージが「特徴」止まりなのは、理想とする顧客像が定まっていないからかもしれません。

商品名と会社名だけが前面に出たメッセージは、残念ながら見込客の興味を引かないのです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

売れる仕組みを作る問題点をあぶり出す無料個別相談

売れる仕組みの構築は、中小企業には必須の取組みではないでしょうか?
大企業が苦手としている顧客との信頼関係構築。
今こそ中小企業が生き残り、売上げを最大化できるこの「売れる仕組み」構築に
取組んでみませんか?

売れる仕組みを構築することで、営業マンのスキルに依存した売上から脱却することが可能になります。
言い換えれば、来月、来年の売上をコントロールできる体制の構築ともいえるでしょう。

しかし、経験上、あなたの社内だけで構築するには、膨大な時間がかかります。
まず、勉強から始めて全体像の把握、そして、個々のステップに対する重要ポイントの把握、
なにより、セールスプロセスの構築とライティングに関しては、大きなハードルとして
たちはだかります。

売れる仕組みを構築するには専門家のアドバイスを受けることが最短の道です。
これは自信をもって断言できます。

完全無料で個別の相談を試せる機会を設けました。
ぜひ一度専門家に聞いてみませんか?

売れる仕組み相談の詳細をみる

コメントを残す

*